オーディション運も恋愛運も! <br />星が教えるあなたの2016年運!!

牡羊座 (3/21-4/19生まれ)

チャンスの数はそれほど多くはない星回りですが、そのひとつひとつには大きな可能性が秘められています

◯総合運 ★★★

“折れない心”を目指したい2016年。1年のスタートは幸運のタイミングが合わずに波乱含みの日々かも。新生活が始まる春になると明るいキャラクターが注目され始めます。引っ越し運も高め。運気の流れが変わるのは10月から。他者との付き合い方がスマートになって、幼さから脱皮して大人な対応ができるように。目上の人からの引き立てもありそう。

◯オーディション運 ★★★

チャンスの数はそれほど多くはない星回りですが、そのひとつひとつには大きな可能性が秘められています。人との繋がりが強まるので、チャンスを持ってきてくれるラッキーパーソンを探して。グループや劇団、バンドに参加して運命が変わる暗示も。チャンスは春と秋に集中。春の新生活のスタート、夏休み後、秋の学園祭シーズンは活動範囲を広げて。

◯恋愛運 ★★★

大人な恋愛に憧れる1年。背伸びをした恋が多くなるせいか、2016年の恋愛はスムーズには展開しにくいかも。でも今年経験した失敗や後悔は、牡羊座にとって必要なこと。障害や問題のある恋がきっかけで自分を見つめ直し、コンプレックスや迷いが解消する暗示も。本物の恋が待っているのは11月~12月。相性ピッタリの相手と熱いクリスマスが過ごせそう。

牡牛座 (4/20-5/20生まれ)

同じ夢を持つ仲間や、あなたの夢を応援してくれる人との共同作業がチャンスにつながります☆

◯総合運 ★★★★★

自分が感じる“好き”から世界が広がる1年。豊かなアイディアを趣味や勉強、レジャーで活かしましょう。チャンスに強いのは5月と9月。夏はレジャー運が好調なので、海外旅行や一人旅に挑戦を。今後の人生に役立つ重要な体験や出会いが待っています。秋からは金運&物質運が活発化。夢のための貯金や自分を輝かせるための資金繰りもスムーズです。

◯オーディション運 ★★★★

同じ夢を持つ仲間や、あなたの夢を応援してくれる人との共同作業がチャンスにつながります。グループ活動に幸運の予感。春先はスランプ気味。そんなときこそ厳しいレッスンで自分を追い込んで。流した涙と汗の分だけ自信がつくはず。勝負強いのは10月~11月。追い込まれたときほど本領発揮。その場で合否が決まるコンテスト形式の企画に応募して!

◯恋愛運 ★★★

異性を見る目が厳しくなって、出会いから恋まで発展するのに時間がかかりそうな1年。だけど、いったん好きになるとその情熱はかなり激しそう。1月~2月の恋には試練が。環境の変化やライバル登場など突然の状況変化に気をつけて。あなたの想いが通じやすいのはモテ期が訪れる5月~6月。春から始まった新生活の中で出会った人からのアプローチも!?

双子座 (5/21-6/21生まれ)

どんなに秘めたパワーを抱いていても、誰かに発見されなければ活かせません。人脈を広げコネを作る努力が2016年の課題になりそう

◯総合運 ★★★

飽きっぽい双子座だけど2016年は忍耐強さを身につけるチャンスの年。過去に三日坊主で終わったことに再挑戦すると新しい自分が発見できるはず。4月、8月はくじけそうになる試練が待っているかも。乗り越えた人の“努力の成果”は、秋からの好調シーズンに反映されます。9月は目の前がパッと明るくなるような嬉しい出来事の予感。旅行運も絶好調!

◯オーディション運 ★★★★

どんなに秘めたパワーを抱いていても、誰かに発見されなければ活かせません。人脈を広げコネを作る努力が2016年の課題になりそう。プライベートが忙しい夏までは思ったように動けないかも。自主トレや情報収集に注いだエネルギーが秋からのチャンスを呼び込みます。10月はパッと人目を引く魅力が開花。ダイエットや肉体改造、イメチェンは成功へ。

◯恋愛運 ★★★

前半と後半で恋の流れが大きく変わる年。トラブルが多い前半は、家庭や人間関係、仕事の問題が恋愛の障害に。まず自分が抱えた悩みを解決しなくては恋もうまくいきません。5月は優柔不断な態度が原因で誤解されがち。恋の風向きが変わるのは9月から。ダメかと思ってた恋にも逆転運が。新たな出会いは10月~11月。恋活するなら学園祭やバイト先で。

蟹座 (6/22-7/22生まれ)

吉凶混じりのドラマティックな年。時代の流れやその場の空気にピタリとハマることができれば大飛躍も夢ではありません

◯総合運 ★★★

自由を求めたくなる2016年。未知の世界へ飛び出す勇気も出て、生活環境が変わる蟹座も多いでしょう。前からやりたかったことや行きたかった街が幸運の在処。とはいえ、夏までは地に足をつけた生活を最優先。4月はお金や時間の無駄遣いに気をつけて。親しみやすいオーラが光る7月は人気運上昇。運命がダイナミックに動くのは12月。重要な決断ほど吉。

◯オーディション運 ★★★★★

吉凶混じりのドラマティックな年。時代の流れやその場の空気にピタリとハマることができれば大飛躍も夢ではありません。そのためには“自己アピール”“自己表現”の努力を怠らないこと。積極的な応募、芸能界に近づくためのレッスン先やバイト先の選択が大事。チャンスは6月、9月、11月。蟹座の秘めた可能性を発見する援助者が現れそう。逆転運もあり。

◯恋愛運 ★★★★★

運命に導かれたような情熱的な体験が待っています。自分でも気づかないうちにフェロモンが強化される2~3月は、異性を惹き付ける魅力が倍増。モテる時期ですが危険なタイプも近づいてくるので要注意。誠実な恋は6月~7月に期待を。お互いの将来を考えて話し合えるマジメな交際を目指して。秋は淋しさから腐れ縁になるようなタイプに魅かれる心配が。

獅子座 (7/23-8/22生まれ)

現状打開のチャンスがやって来るのは6月以降。2016前半は目標設定を見直して、現実的な行動を

◯総合運 ★★★★

現状打開のチャンスがやって来るのは6月以降。2016年前半は目標を見直して。幸運の星が獅子座にパワーを与えてくれるのは9月まで。そこからは運より実力で勝負することになりそう。春はステップアップのチャンス。春から始まる新生活も楽しく過ごせます。年上の人から可愛がられる暗示もあるので甘え上手になってみて。夏は状況が変わりやすく運気も停滞気味。9月からは現実逃避が悩みの原因に。現実をしっかり受け止めて。

◯オーディション運 ★★★★

現状打開のチャンスがやって来るのは6月以降。2016前半は目標設定を見直して、現実的な行動を。無謀なチャレンジは自信喪失の原因に…。7月からは物質運&金運が上昇。賞金や賞品のあるコンテストで注目されそう。ミスコン・ミスターコン以外にも楽曲や動画などオリジナル作品の発表も◎。好感度の高い秋は第一印象で勝負。スカウト運も高めです。

◯恋愛運 ★★★★

春の気配を感じる頃から恋愛体質に変身しそう。今までとは違う恋愛パターンを経験するかもしれません。チャンスに恵まれるのは3月、6月。フリーの人が本命の相手を決めるなら夏までが勝負です。諦めかけていたときに大逆転の暗示も。夏の恋は情熱的だけど、どこか浮ついた感じ。気持ちがコロコロ変わりやすいので恋の相手を振り回してしまうかも!?

乙女座 (8/23-9/22生まれ)

勝負の年になりそう。チャンスが来た!と思ったらすぐに行動に移すこと

◯総合運 ★★★★

勝負の年になりそう。幸運の星は秋まで乙女座の味方。その潜在パワーを活かすために必要なのはポジティブな活動力。リズムに乗り切れない5月まではあと一押しが足りません。環境の変化が原因の五月病に要注意。体力作りや肉体改造で開運できるのは6月~7月。理想のボディを手に入れましょう。9月~10月は旅行運が上昇。自分探しの旅へ出たくなるかも。

◯オーディション運 ★★★★★

感性のアンテナを磨きましょう。チャンスが来た!と思ったらすぐに行動に移すこと。前半は表舞台を目指すより実力養成に集中。レッスン受講、スクール通いも吉。7月は親しみやすさで好感度UP。オーディションでの自己アピールや服装は奇をてらわず定番スタイルで。運命の切り替わりは9月。有名な芸能プロダクションやレコード会社等の大々的な募集に挑戦!

◯恋愛運 ★★★★

“本物の愛”が手に入る予感。付き合ってもすぐ別れるような幼い恋からは卒業です。5月までは不安定な恋模様。相手の言動に振り回される不安定な関係は早めに清算しましょう。本命登場は2016年後半。長い片思いが実ったり恋の悩みは解消へ。フリーの人にも運命的な出会いがありそう。6月、10月は決断のとき。勇気を出して一歩踏み出せば後悔しません。

次ページでは、天秤座~魚座の運勢を紹介☆

オーディション占い(毎週日曜更新)はこちら!

2年前

【先輩Message】#3 黒崎レイナ&長谷川里桃

女の子の夢や願望、妄想!?がみんな詰まっている作品です(里桃)
鼻血が出るくらいキュンキュンする思います(レイナ)

――今回演じるのはどんな役?

レイナ 黒王子と白王子というふたりの人気の男子のそばでいつも騒いでいる3人組のひとりで、小松菜奈さんが演じる転校生の由宇ちゃんが黒王子や白王子と仲良くするようになって嫉妬して、黒い部分が出てくる女の子の役です。嫉妬をするというのが、自分にはまったくない部分だったので、オーディションを受けて、仲の良い子だけが合格してうらやましくなるときの気持ちに似てるのかな、と思いながら演じてました。私はもともと「黒崎くん~」の原作を読んでいてファンだったので、出演できてうれしかったです。

里桃 私は千葉雄大さんが演じている白王子のことがずっと好きだった女の子で、由宇ちゃんと白王子が仲良くなるので「なんで?」と思って、イジワルしちゃう役です。いじめっこにもいろいろありますが、私が演じたのは、泣いちゃったり、弱いいじめっこなので、そういうタイプもあるんだなと思ってもらえたら。

――オーディションがあったそうだけど、面接はどんな感じでしたか?

里桃 質問されて答えるというより、私は、地元の静岡の話をしたり、「お芝居するときにどういうことを気をつけてるの?」という話だったりを会話している感じだったので、あまり緊張しなかったです。

レイナ あっ、私とはちょっと違う。私はオーディション会場に入ってすぐに台本を渡させれて、その場で覚えて演技をして、終わりました(笑)。特に質疑応答はなかったです。セリフを覚える時間がなかったので、難しくて、すごい緊張しました。

――撮影現場は、どんな雰囲気だった?

レイナ 今までドラマに出たことはありましたが、映画に出るのは初めてでした。でも、共演者に年齢が近い男の子や女の子が多かったし、楽しくできました。私は自分の苗字が黒崎だから、最初の頃、スタッフさんが「黒崎さん~」と黒崎くん役の中島健人さんを呼ぶと、つい反応して私が「はい」って答えてしまって。「レイナちゃんじゃないよ」って言われたのが、恥ずかしい思い出です(笑)。

里桃 映画もそうですけど、私は演技の現場が初めてだったので、見るものすべてが新鮮でした。月1回いつも事務所でレッスンしているものとはまた違って、現場で臨機応変に対応することが求められたので、小松菜奈さんの演技をそばで見ていると勉強になりました。

――自分の出演シーン、作品の見どころを教えて。

里桃 作品としては、「壁ドン」とか「頭ポンポン」とかすべてフルコースで入っている恋愛ストーリーなので、誰でも必ずどこかにキュンとくる、みんなの夢や願望、妄想!?(笑)をかなえてくれる映画だと思います。私の出ているシーンで見てほしいのは、監督さん、助監督さんからリハーサルのときに「現場に入る前から役作り、キャラを確立しておいたほうがいいよ」とアドバイスを頂いて、3人みんなキャラ立ちしていると思うので、そこを見ていただけたらと思います。

レイナ 私の役は女の子3人組の中心で、けっこうイジワルというかツンツンしてる役なんですけど、一緒にいるふわふわ系だったりツンデレ系の女の子との違いに注目していただきたいです。作品としては、里桃ちゃんとちょっとカブっちゃうんですけど、ちょっとエロキュンなシーンもあってたぶん鼻血を出すくらいキュンキュンすると思うんですけど(笑)、原作を読んでからだといっそう楽しめるんじゃないかと思います。

 

自分がどうなりたいのか、ノートに目標を書いて、気持ちを強くしています(レイナ)
人のいろんな気持ちを研究するために、映画をよく見ています(里桃)

――今までに受けてきたオーディションで、印象に残ってるものを教えて。

里桃 研音に入るとき、お芝居のオーディションがあって、事前に台本を頂いて、いっぱい練習していったんですけど、「良くも悪くもないんだよね」と言われちゃってショックでした(笑)。むしろ、悪いと言われたほうがよかったと思ったくらいで。いい演技だとうならせるくらいになれるように、眼張りたいと思ってます。初めて受けた映画のオーディションも、印象に残ってます。まわりの子はみんな台本を持っているのに、なぜか私にだけ届いていなくて、どうしようって、アセりました。セリフの代わりに歌を歌うことになったんですけど、その場で歌の歌詞を覚えて歌わないといけなくなって、歌詞とはギャップがある役の気持ちも同時に入れないといけないのが難しくて、泣きながら歌った覚えがあります。人生の中で、あのときほど切羽詰まったことはないので、乗り越えたのが逆に自信になったくらい、タイヘンでした。

レイナ 食べ物のCMのオーディションで、おいしかったので途中から演技で食べていることを忘れて、カットがかからないから、ずっと食べてて、おかわりが欲しくなって「おかあさん!」と叫ぼうとしたら「あ、オーディションだった!」と思ったことがありました。オチがなくて、すみません(笑)。

――オーディションに臨むときに心がけていることはある?

レイナ 例えば、見た目がほわっとした童顔系の女の子の役を演じるときは、それに合わせてツインテールにして、ふわっとした洋服を着て、当日の朝に鏡の前でセリフを言っているところを動画で撮ってもらって、自分で見てから家を出ます。セリフが覚えられないときは、台本を自分で読んでみたのを録音して、地元の愛知県から東京に向かう新幹線の中で聞いているときがあります。原作のマンガや小説があるときには、必ず前もっと読んで、ネットでいろいろ調べて知っておきます。恋心を抱くシーンがあると、私は初恋がまだだから気持ちがわからないので、友達に聞いたり、恋愛映画を見て、どういう表情になるのかを研究してます。

里桃 見るよね。私も、いろんな人の気持ちを研究するために、映画をよく見ています。日本の映画も見ますが、外国の映画は、表情のアクションが大きいので、参考になります。

――オーディションを受けているみんなへのメッセージをお願いします!

里桃 オーディション会場って静かなので、「絶対この子のほうが経験が豊富だし、かわしいし」って余計なことを考えてしまうものなので、私はトイレに行って、ひとりになって、「そんなこと、考えてもしょうがないよ」って自分に言い聞かせて、自分を笑わせてから、臨みます。ほかの人と比べてもきりがないので、自分にある「いいね」と言われる部分に自信を持って、オーディション会場で堂々としていることが大切だと思います。

レイナ 私がやっているのは、自分がどうなりたいのか、ノートに目標を書くことです。書いているうちに思いが強くなるので、おすすめです。今の目標は二階堂ふみさんのように強い印象の残る女優さんになることです。

(C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会

「黒崎くんの言いなりになんてならない」

「別冊フレンド」(講談社)で連載中の同名漫画をSexy Zone中島健人主演で実写化した“エロキュンラブストーリー”。親の転勤によって学園寮に入ることになった女子高生の赤羽由宇は副寮長を務めるドS男子・黒崎晴人(中島)に逆らったことからファーストキスを奪われ、「絶対服従」を命令されて…。黒崎レイナちゃんは西野あや役、長谷川里桃ちゃんは山田菜摘役を演じる。映画は2016年2月27日から全国公開。スペシャルドラマは12月22日の24時19分、23日の23時59分から日本テレビ系にて放映。
■オフィシャルサイト http://kurosakikun-movie.com/

PROFILE☆
黒崎レイナ(右)
くろさきれいな●1998年11月11日生まれ。愛知県出身。身長161cm。雜誌「セブンティーン」専属モデル。ドラマ/「35歳の高校生」(2013年、NTV)、「幽かな彼女」(2013年、KTV)、PV/ファンキー加藤「輝け」(2014年)、ファッションコーディネートアプリ「MANT」モデル。研音所属。

■研音 Next Generation 黒崎レイナ
http://www.ken-on.co.jp/next/kurosaki

長谷川里桃(左)
はせがわりも●1998年11月24日生まれ。静岡県出身。身長170cm。広告/(株)鈴乃屋(~2015年3月)ほか。研音所属。

■研音 Next Generation 長谷川里桃
http://www.ken-on.co.jp/next/hasegawa

PRESENT☆

黒崎レイナちゃん&長谷川里桃ちゃんのサイン入りチェキを2名様にプレゼント(写真の選択は編集部にお任せください)。E-mail:dhi.audition@gmail.com まで住所/氏名/年齢/職業(学年)を書いてご応募ください。各種SNSやブログ等をしている方は、この記事を共有してください。共有記事のリンクURLも一緒に書いてくれると、当選確率があがるかも!? 2016年2月末の到着分まで受け付け。当選者にはDMにて連絡いたします!

写真/小境勝己 インタビュー・文/高倉文紀

2年前