お笑いタレント

ここでは、お笑いのタレントオーディションについてご紹介する。

お笑いのタレントオーディションは非常に狭き門である。

また、狭い門をくぐり抜けて見事合格したとしても、そこから本当に芸能界で活躍できるようになるにはその後にもまた狭き門がある。

一番初めにタレントに憧れたという段階からの人数を数えたら、実際にタレントとして活躍している人の割合・確率というのはおそらく天文学的な数字になると思う。

それだけお笑いタレントになって活躍しているのはごく一部の人ということになる。

10年前

赤ちゃんタレント

ここでは、赤ちゃんタレントのオーディションについてご紹介する。

おむつや子供服の広告、CMに登場する赤ちゃんはとりわけ可愛い子が多く、多くの人の注目を浴びる。

おむつや子供服の広告、CMに登場する赤ちゃんも立派なタレントといえる。

赤ちゃんタレントと呼ばれていて、タレント事務所に所属している子が多く立派なタレントさんの1人である。

タレント事務所に入るためには、赤ちゃんを対象にしたタレントオーディションがある。

10年前

シニアタレント

ここでは、シニアタレントについてご紹介する。

テレビを見ているとあまり有名ではないがよく登場する年配の人たちがいる。

この人達は、タレントの中でもシニアタレントと呼ばれていて、年配の世代の役などを専門にしてタレント活動をしている人たちなのである。

もともと有名な俳優さんが年齢を重ねてその年齢でしか出来ないような役をしているが、これはシニアタレントとはちょっと違うようである。

シニアタレントは、その世代になってからタレントさんになった人という位置づけの人たちを指すようである。

例えば、健康食品、入れ歯安定剤、成人用おむつ、シニア向けの保険など、テレビコマーシャルにはたくさんのシニアタレントが登場している。

このようなシニア向けの商品については、同世代の人がCMなどで語りかけることに意味があり、効果もあるのである。

10年前

ミュージシャンのオーディション

ここでは、ミュージシャンのオーディションの攻略法・情報収集方法についてご紹介する。

役者志望と並んで多いのがミュージシャン志望の人である。

音楽をやっている人であれば誰でも一度くらいは一流ミュージシャンになることを夢見るものである。

自分の周りにデモテープなどを作って送ったりしている人がいるという人もいると思う。

ミュージシャン志望の人が応募できるオーディションとしては、ミュージシャンをマネージメントする音楽事務所のオーディションが王道である。

一流ミュージシャンはほとんどがどこかの音楽事務所に所属している現状から考えて、事務所に所属するためのオーディションは外せないところである。

しかし、これらの音楽事務所が行うオーディションは狭き門であり、音楽人口から考えると役者のオーディションよりも競争率は高いかも知れない。

10年前